上毛かるた【平和の使い新島譲】安中の家に行ってみた

おでかけ
スポンサーリンク

上毛かるたの「へ」と言えば、新島譲です。
実は群馬県安中ゆかりの人物です。
今回安中にある新島譲旧邸に見学に行ってみました!

旧邸宅


群馬県安中市安中1-7-30

何とも趣のある邸宅と、資料館があります。
入館料 無料
定休日 月曜日
開館時間 3月~11月…9時~17時(入館16時30まで)
     12月~2月…9時~16時30(入館16時まで)

感想

安中の住宅地にありました!

すごい…中々見かけない古めかしさです…。
中は自由に見学できるようになっていて、囲炉裏や土間が昔ながらの感じに残っています。
板張りの壁やかやぶき(?)っぽい屋根など、現代の住宅地ではまず見かけませんからね…。
子供達も興味深そうに見ていました!!
そして大人も興味深い!!今のしっかりした作りの家に慣れているので、隙間だらけの壁・床などがかなり興味深いです。
隙間風は通るし、外から除き放題だし…。プライバシーとかないですよ…。
でもそれが当然の環境なら、当たり前に暮らせるんだから人間の適応力はすごいです。
むしろこのこの状態から、よくビル群にまで発展させましたね!!技術力ってすごい。

座敷の隣はちょっとした新島譲資料館になっていました。
新島襄の生涯はもちろん、幼少期に描いた絵や、お世話になった人の写真などが飾ってあります。
常駐なのか、たまたま居たのかはわかりませんが、管理人さん(?)が居て色々と話してくれました。
それらを見て聞いて分かったのは、すごい人は幼少期からすごいんだなぁという事でした…。
うん、浅い感想ですが率直な意見です…。

大人は資料館も興味深く見たのですが、子供達にはつまらないようでした(笑)そりゃそうですね。
興味を持たせようとして説明しても「ふーん」の一言です…。
子供にはちょっと難しい場所ですよね…。

まとめ

趣のある邸宅と資料館でした。歴史好きな大人は絶対楽しめます!!

が、子供にはちょっと不評です(笑)
でも歴史好きな子は喜びます。

おでかけ子育て
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
こそぶろ