白薔薇【ボレロ】花・葉・トゲの様子など

ガーデニング
スポンサーリンク

白薔薇ボレロを育てています。
バラを育て始めて最初の年に新苗で購入したので、もう6年目くらいでしょうか?

かなり立派になってきたので、ボレロの様子を紹介します。

ボレロとは

  • 作出年度:2004年フランス・メイアン社
  • 花期:四季咲き
  • 樹形:コンパクトなブッシュ
  • 花色:白(桃色~黄色が混じる)
  • 花形:ロゼット型の花
  • 香り:強い
  • 耐病性:強い

とても有名な白薔薇です。
育てている人も多いのではないでしょうか?

鉢植え向きとも言われますが、我が家では地植えで育てています。

実際に育てた感想

成長の様子

新苗から育てました。
成長は緩やかですね…
まぁそもそもコンパクトサイズのバラなので、急に成長とかはしません。

他のバラ同様、3年ほどで株がしっかりしてきます。
花付きが良くなって、花自体のサイズも大きくなりました。

現在ではもうこれ以上大きくならないんじゃないかな? という程度には巨大化しました。
直径1m程のスペースを占拠しています。

病害虫の発生

黒点病・カイガラムシ・アブラムシ・バラゾウムシがよく発生します。
この辺はよくあるバラと言った感じですね。もう仕方がないです(笑)

ただ、この中でも特にバラゾウムシの被害が顕著です。
香りがとても良いので、寄ってくるんでしょうね~。
無消毒だとかなり蕾や花が被害に遭い、汚くなります。

花の様子

蕾はこんな感じで、白~淡い緑です。
先端が尖がるタイプですね。

ボレロの蕾

花はこちら。
もこもこした花です。
花弁が多すぎてもこもこしちゃうんでしょうね。

2022ボレロの花
2022ボレロ
2022ボレロの花

春の開花はピンクがかった花になります。
ベースは白ですが、中心部にかけてクリームがかったピンクが出ます。
写真はかなり強いピンクですが、実際はもっと淡い感じです。
光の当たり具合によってもかなり色合いが変わります。

また、これが不思議で、ピンクじゃなくて黄色が出る時もあります。
秋バラで黄色が多いでしょうか?
一年を通して色々な色合いを見ることが出来て楽しいですよ!

またこの花、香りがとても良いです。
私はバラの香りには全く興味が無いのですが、それでも心にグッときます。
虫と一緒なのは嫌ですが、ついつい鼻を近づけて嗅いでしまいます。

1つ残念なのは、ステムが短く、切りバラ向きじゃないことです。
これでブーケを作ったらさぞ素敵でしょうねぇ…
もう少しステムが長ければなぁ。

樹形及び葉の様子

コンパクトサイズのバラとうたっているだけはあります。
巨大化しません。
おまけに勝手に樹形がまとまるタイプのバラです。

適当に剪定しても、そんなに暴れることなくしっくりくる樹形になります。
何ていい子なんでしょう…! 

葉はこんな感じでよくある葉っぱです。
余り特徴はないですね。

ボレロの葉の様子

トゲはこんな感じで、多めです。
古い枝にはもちろん、花が付く新しい枝もトゲトゲです。

ボレロのトゲ
ボレロのトゲ

新しいトゲは先端が細く鋭利で、刺さってそのまま折れます…
何度皮膚に刺さって苦労したことか…

まとめ

香りも花も素晴らしく、樹形も勝手にまとまる優等生のバラです。

病害虫への強さは「普通」だけど、格段弱いわけでもありません。
十分育てやすいバラです。
ちょっとしたスペースやお洒落なテラコッタにぴったりのバラです。


バラを買うなら、こちらのお店!
楽天市場にも出店しているバラの専門店です。
品種がとても多く品質もしっかりしていて、とてもおすすめです。

バラの家


バラ | こそぶろ (kosoburo.com)

ガーデニングバラ
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
こそぶろ