バラは新苗の季節が買い時!初心者におすすめの王道で栽培容易なバラ5選

ガーデニング
スポンサーリンク

バラ栽培に興味があるけど、種類が沢山あって何を育てていいか分からない…
そんなときはこの5種類がおすすめです!

沢山育てられている=栽培が簡単

バラには沢山の種類があります。
初めて買うときは、本当に迷ってしまいます。
ラベルの写真で花を見て買うだけだと、予想外に育てにくかったりして後々後悔することも…。

初めて育てるバラなら、栽培が簡単な方が絶対に良いです!
そこで、世間で良く育てられているバラを選ぶのも一つの手!
何故なら沢山の人に育てられているという事は、それだけ育てるのが簡単だからです。

そこで今回は良く育てられている初心者におすすめのバラを5種選んでみました。

①ピエール・ドゥ・ロンサール

  • つるバラ
  • 殿堂入り
  • 1季咲
  • ピンクの花

バラ好きなら誰もが知っている超有名品種です。おそらく知名度No.1!!
バラの苗が出回る時期にはこのバラが一番多く売られています。
そしておそらく1番売れています。

それも納得できるだけの実力のあるバラです。
まず、圧倒的に花が可愛い!!
そして花付きが良く、満開時のボリュームが凄い!
乙女的でロマンチックなピンク&ホワイトの花は、庭で観賞してもいいし、切り花にしても映える事間違いなしです。

もちろん栽培も簡単です。
つるバラが育てられるスペースがあるなら1株は持っていたい品種です。



②アイスバーグ

  • 木立バラ
  • 殿堂入り品種
  • 四季咲き
  • 純白の花

こちらも超有名な品種です。
白薔薇で一番栽培されているのではないでしょうか?

純白の花が沢山咲く様子はアイスバーグ=氷山の名にふさわしいです。
蕾の状態から花が開ききるまで、どの姿も美しいです。
癖のない素直な花の見た目なので飽きません。

白薔薇で迷っているなら絶対アイスバーグがおすすめです。

またこのアイスバーグ、枝替わり品種も多く出ています。
ピンクのものや深い赤色のものもあります。
どれもアイスバーグ由来の育てやすさがあります。
とくに「つるアイスバーグ」というつるバージョンはオススメで、木立のアイスバーグがそのままつるバラとなっています。
成長がとても速く大きくなるので、壁面など広い範囲を短期間で覆いたいときに良いです!

③クイーンエリザベス

  • 木立バラ
  • 殿堂入り品種
  • 四季咲き
  • ピンクの花

昔から良く育てられている古株さんです。
花はシンプルな形状で、色合いもオーソドックスなピンク色です。
1つの花が大きめなので切り花にするととても華やかです。

そしてクイーンエリザベスの一番の良い点は、その丈夫さです!
放置しても絶対枯れません!病気になっても虫が付いても、自力で復活してくれます!

よく古いおうちの庭で「剪定なんてしてないんだろうな~」って感じのクイーンエリザベスをよく見かけます(笑)
どんな環境でも強靭な生命力で生き抜くバラです。
植物を育てるのに自信が無かったり、絶対に枯らしたくない人におすすめです。

④グラハムトーマス

  • シュラブ
  • 殿堂入り品種
  • 返り咲き
  • 黄色の花


「イングリッシュローズ」というブランドのバラです。
鮮やかで優しい黄色は、他のバラにはない色合いで多くのファンがいます。
私もその一人で、これまで見たことのある黄バラの中で一番美しい黄色です。

また明るめの葉っぱもその黄色はとても相性が良くて素敵です。

イギリス原産のバラでシュラブ(半ツルみたいなもの)のバラなのですが、日本の気候だと大型化しやすいらしくツルバラとしても使えます。
もちろんシュラブとしても使えるので、自由に樹形を整えていくと良いです。

総合的に見て非常にオススメなのですが1点だけ難点があります…。
それは価格!

「イングリッシュローズ」はかなりブランド力のあるバラで、その分値段が高いです。
大体4000円~5000円位…高いですよね~。
しかも大苗・裸苗の販売のみで、新苗は販売しないんですよ。だから余計高い…。


しかもちょっと手に入りにいです。
上記で紹介したピエールドゥロンサール・アイスバーグ・クイーンエリザベスはその辺のホームセンターで新苗が売っています。だから気軽に買えます。
でもイングリッシュローズはあまりホームセンターにはありません。
それでもファンは多くて沢山栽培されているのはさすがとしか言いようがないです。

ちなみに、店頭販売で一番安く手に入るのがなんと「コメリ」です。
コメリはどうしてかイングリッシュローズに力を入れていて、春に何種類か入荷します。
しかもどのお店より安い…。不思議…。

⑤グリーンアイス

  • ミニバラ
  • シュラブ
  • 四季咲き
  • 白~緑の花

最後はグリーンアイスというミニバラです。
名前の通り花の中心のしべが緑なのが特徴です。

一般的にミニバラは栽培が難しいと言われています。
病気になりやすいし管理も大変です。
そんな中このグリーンアイスは栽培容易!ということでとても人気があります。
耐病性が強く強靭で、ミニバラだけど地植えにしても大丈夫!

花の色は最初は奇麗な白色ですが、だんだんと緑色になってきます。
さらに寒くなるとそこにうっすらとピンク色が加わります。バラの発色って不思議ですね。
1株で3色が楽しめるお得なバラです。
しかも花持ちがとてもいいので、ほとんどずっと花を観賞できます。

そんなに大型にはならないし、剪定で調節しやすいバラなので狭い庭でも大丈夫です。
本格的なバラ栽培を始めるのはちょっと不安があるという人や、可愛いミニバラが育てて見たいと思っている人におすすめです。


通販でバラを買うなら…

ホームセンターでバラ苗を買うのも良いけど、欲しい品種が置いてあるとは限りません。
そんな時頼りになるのが通販ですよね。

通販で買うなら「バラの家」というお店が凄くおすすめです!
置いてない品種ってあるの?ってくらい豊富な商品ラインナップに比較的良心的な価格設定のお店なんです。
私もバラの家で購入したことがありますが、梱包も苗の品質も非常によかったです。
店頭に出回らない品種が欲しい時に良いですよ!


まとめ

ピエールドゥロンサール
アイスバーグ
クイーンエリザベス
グラハムトーマス
グリーンアイス

以上オススメの5品種でした。
これらのバラなら初心者の人でもまず枯らすことはありませんし、「バラって管理が面倒」となる事もありません。
まず栽培かんたんなバラを1株育てて、そこからどんどんバラ栽培の道に進んでくれる人が増えるとお嬉しいです!

バラ | こそぶろ (kosoburo.com)

初心者バラの育て方~品種選びのポイント3つ~ | こそぶろ (kosoburo.com)

ガーデニングバラ
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
こそぶろ