植えっぱなしOK!春に開花するおすすめ【秋植え球根】10種

ガーデニング
スポンサーリンク

夏が終わり涼しくなってくると、植えたくなってくるのが秋植え球根です。
秋に植え付け、春に綺麗な花を咲かせてくれる球根たちで、様々な物が販売されています。
今回はよく見る種類のものから、少しマイナーなものまで、【植えっぱなしOK!】【強健で育てやすい】秋植え球根をあげていきます。

原種チューリップ

春の花と言えばチューリップ
普通のチューリップは植えっぱなしだと消えて行ってしまうので少し面倒…。
ですが、原種チューリップは植えっぱなしでOK! 手間なしで毎年咲いてくれます。
普通のチューリップより小ぶりでワイルドな風体ですが、それが一風変わっており面白い。

ホームセンターでの販売も見かけますが種類が少ないです。
色々な種類の原種チューリップを楽しむなら通販がおすすめです。


クロッカス

学校で育てることも多いクロッカス。
一度植えてしまえば、お世話は一切必要なし! というくらい手がかかりません。
おまけに毎年増えていってくれます。
花色は白・紫・黄色と少なめですが、まとまって咲く姿は見ごたえがあります。

水仙

黄色系の春の花と言えば水仙です。
品種改良が進み、色々な姿の水仙が販売されています。
花茎が伸びるので、切り花にして楽しんでも素敵な植物です。
ただし、有毒です。
水仙の葉はニラと似ているので、家庭菜園をしている人は誤食に注意です。

通販では一風変わった見た目の水仙が多く販売されているので、個性を出したいなら通販がおすすめです。


ヒヤシンス

学校で水耕栽培することもあるヒヤシンス。
に直接植えるのもおすすめですし、室内で水耕栽培して香りを楽しんでも良いです。
花色は白・紫・ピンクと少なめですが、花姿がボリュームがあり見ごたえがあります。
植えっぱなしにすると、花のボリュームは年々減ってしまいますが、それでも毎年咲いてくれます。

ムスカリ

一度植えたら大量に増えていってくれるのがムスカリです。
小さな花が密集して咲く姿は独特です。
薄青の花が多いですが、最近は緑だったり真っ白だったり、色々な品種が出てきています。
変わった品種のものが欲しければ、通販がおすすめです。
かなり強健な性質で育てやすいです。

シラー

青系の花を咲かせるシラー。
丈夫で育てやすいですが、単独で植えると少し存在感が弱め。
植え付け時には複数の球根をまとめて植えると、開花時に存在感が出ます。
チューリップなどよりマイナーなので、人が育てていない植物を育てたい人におすすめです。

オーニソガラム

白色の花が可憐なオーニソガラムです。
品種により、花姿が少しずつ異なります。
基本的にはどれも強健で育てやすいので、好きな品種を選んで大丈夫です。
葉が細いのが特徴的で面白いです。

スノードロップ

早春に咲く花と言えばスノードロップです。
雪が残る中開花する、開花一番乗りの球根植物です。
イヤリングのような可愛い花が特徴的です。
最近は人気が再燃したのか、ホームセンターで売り切れているのをよく見かけます。
植える予定があれば、即購入か、通販で入手が安心です。

アネモネ

派手な花色で人気のあるアネモネ。
春には開花株が沢山売られますが、秋には球根としても販売されます。
シングル咲のものと八重咲のものがあり、それによって雰囲気が結構変わります。
パッと目を引く花なので、花壇のメインに使えます。

チオノドクサ

草丈低めで、可憐な花が咲くチオノドクサ。
花色は白・青・ピンクです。
1つ1つは小さく大人しい印象ですが、群生させると一気に華やぎます。
木の根元やちょっとした隙間スペースに植えるといい感じの雰囲気になります。

まとめ

球根植物は、力をその球根に蓄えているので、育てるのが簡単です。
ガーデニング初心者の人でも全然大丈夫! 植えておけばよほどのことがない限り開花してくれます。
秋植え球根を植えて、華やかな春の花を楽しんではいかがでしょうか?

ガーデニング | こそぶろ (kosoburo.com)


ガーデニング宿根草
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
こそぶろ