【育てやすいバラ】新苗からつるアイスバーグを育ててみたら

ガーデニング
スポンサーリンク

とても人気のあるアイスバーグというバラがあります。
我が家ではこのアイスバーグのつるバージョン【つるアイスバーグ】を新苗から育ててみたので感想を書いていきます。

つるアイスバーグとは

  • クライミングローズ
  • 一季咲き
  • 純白の花に金茶のしべ

花付きよく、強健で耐病性も強い、日陰にも強いという、素晴らしいつるバラです。

つるではないタイプのアイスバーグもあります。
こちらは木立の四季咲きタイプで、「世界バラ会議」で殿堂入りを果たすほどです。
木立アイスバーグも、つるアイスバーグもとても人気のあるバラとなっています。

新苗から育ててみる

一年目

我が家では春に売られる新苗を購入しました!
ホームセンターで春に売られる、600円ほどのポット苗です。
背丈が約60㎝の接ぎ木苗です。


これを東向きの壁横に地植えにしました!
以下、一年目にやったことです。

①とにかく枝を伸ばす!
最初の年なので、まっすぐ真上に伸ばしていきます。
丁度雨どいの近くだったので、伸びた分を雨どいに固定していきます。
伸ばす途中で根元から新しい枝が出てきたので、そちらも同時進行で伸ばします。
まっすぐにぐんぐん伸びて、冬になるころには一番長い枝は2.5mほどにも伸びました!!

②壁にワイヤーを張る!
冬になったら伸びた枝は壁に誘引します。そのために、まずワイヤーを張らないと…。
ホームセンターで購入したワイヤーを使い、壁の窓と雨どいを支点にして張り巡らせました。
ワイヤーがビヨーンと顔の方に来ると危ないので気を付けます。当たると普通に怪我します…。

③枝を誘引する
出来たワイヤーの網にバラの枝を誘引していきます。
雨どいに固定していたバラを全て外し、弱い枝や先端を切り戻しておきます。
そしたら一番長い枝を最初に固定します。
後の枝は、枝と枝の距離が短くならないように麻縄で固定していって完成です!

2年目

二年目、植え付けてから初めての春、こんな風に咲きました。

二年目のつるアイスバーグ

1年前は60㎝しかなかった苗とは思えません!!
つるアイスバーグの勢いが凄すぎる!!

ただ品種の特徴なのかどうなのか?根元部分の花付きが悪いですね。
というより、一つも咲いていない…。
冬に誘引するときに、根元に短い枝を残すかするほうがよさそうです。

花はとても綺麗です。

つるアイスバーグの花

純白の花に、金茶色のしべが素晴らしく素敵です!
とてもシンプルな形の花なのに、見ていて飽きません。

花の時期が終わったら花柄を摘み、後は冬までほったらかしです。

冬になったら、来春に向け誘引しなおします。
基本的には一年目と同じ要領で誘引します。
ただ、枝の数が増えているので一年目より時間がかかります…。

3年目

さらに勢いが増す3年目!!
咲いたのがこちらです。

3年目のつるアイスバーグ

倍以上のボリュームが出ています!!
葉の勢いも、花の数も順調に増えています。一つ一つの枝も太くなってきています。
ただ、横への長さ自体は少ししか伸びなかったのと、根元の花付きがりイマイチですかねぇ。

さて、花の後は3年目も前年と同じようにお世話をします。
ボリュームが出てきたので、冬の誘引作業はかなりの手間がかかります。
また、一年目に伸びた枝が太く固くなり曲げることが出来なくなってしまいます。
なので曲げられない固い枝はそのままにし、新しくしなやかな枝を中心に誘引していきます。


育てて良かった点とイマイチだった点

とにかく新苗からの成長が早くて、翌年の春には派手に咲いてくれるのが良いです。
トゲも比較的小さく少ない、そして花枝にはほとんどありません。
なので、切り花にするときにトゲを気にしなくてよいのも良かったです。

花は「アイスバーグ=氷山」というだけあり、純白で綺麗です。
咲きはじめはバラらしい趣の花ですが、花弁が完全に開くと白い椿にも似た姿形になります。
また、葉っぱも薄めの小ぶりな葉っぱで良いです。
春以外は葉っぱが主役となるので、葉っぱの見た目が好みじゃないと辛いけど、アイスバーグの葉っぱは私の好きなタイプでした。
一年を通した見た目は全体的に、シンプルで癖がなく、万人受けする美しさがあります。

耐病性も強かったです。
私は春の開花時期だけ消毒し、後は定期的な消毒はしません。
新芽の先端にアブラムシが密集しているのに気付いたときだけ臨時で消毒スプレーを使うのみでした。
それでも黒点病などの病気にもならず、元気に育ってくれます。
冬の誘引以外はほとんど放ったらかしでも、春には満開の花を咲かせてくれる素晴らしいバラです。

イマイチだった点はありません!!
どうしても挙げるなら、一季咲きであるという部分でしょうか…。
ちらほら返り咲いてくれるとちょっと嬉しいかも。


まとめ

つるアイスバーグは新苗から育てると、たった1年で素敵なつるバラになってくれました!
さらに数年でかなりのボリュームになります!

伸びが遅いつるバラだと、見ごたえが出るのに数年かかることもあります。
「そんなに長い時間待っていられない!」「早くバラいっぱいの庭にしたい!」という時にぴったりの素晴らしいバラです!!

バラ | こそぶろ (kosoburo.com)

バラを買うなら、こちらのお店!
楽天市場にも出店しているバラの専門店です。
品種がとても多く品質もしっかりしていて、とてもおすすめです。

バラの家





ガーデニングバラ
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
こそぶろ