ジョイコン不良 分解→組み立てでなおった話

ゲーム
スポンサーリンク

任天堂switchのジョイコンが壊れました。
どうにか治らないかな~と思って分解して組みなおしたら、見事に復活しました。
こんなのでなおるのか!と思うほど簡単になおってくれたので、詳細を書きます。

壊れ方

今回は2点不良が起こりました。

①R・ZRボタンの不良
R・ZRボタンを押してもAボタンとして認識されてしまう。もしくはそもそも反応しない。

②ジョイコンと本体との接続が切れる
不良のジョイコンを本体と繋げようとしても、認識されない。何度か試して接続しても、すぐに切れてしまう。

このような具合です。
以前、スティックの不良を自分でなおしたことがあります。
その時の分解キッドがあったのでそれを使って今回も分解してみます。

分解

ジョイコンを分解するのは、それ用の道具があれば簡単です。
道具というのは、細いY字ドライバー・細い+ドライバー・隙間に差し込むカード状のものです。
手順は以下の通りです。

ジョイコン裏のYネジを取り外します。

隙間にカードを差し込み、ぐるりと一周させ、カバーを開けます。
すると中は写真のようになっています。
ボタン関係を確認するためには、ここからさらに3か所の+ネジを外します。

ジョイコンの内部

細かい部品が多いのと、部品同士をケーブルが繋いでいて大きく動かせないので、ゆっくり慎重に作業します。

不良場所の確認&処置

①R・ZRボタン周辺を確認しますが、特に壊れていそうな部分やゴミが付いているなどはありませんでした。
しかし、一応ボタンを取り外して拭いたのち、再度はめ込みます。

②R・ZRの確認後、他の部分もチェックします。
すると、なんとパーツが一か所外れているのを発見しました。
写真の、真ん中上部分の、金色パーツが外れていました!!
普通に使っているのに、こんなところが外れるんですね。

ジョイコン内部の金色パーツ


細かいので少し苦労しましたが、無事にはめなおします。
指だと出来なかったので、ピンセットを使って嵌めました。

私は素人なので、これ以上の処置は出来ません。このまま組み立てなおします。

見事になおった!

不良ってなに?っていうくらい完全になおりました!!

新しいコントローラーを買うか、修理に出すか…となるところを、費用0円&15分でなおすことができました。
部品が外れていただけという事で、別段壊れていたわけではないけれど。
分解して見なかったら、普通に壊れたと思う状況だったので、分解して良かった。

本当に壊れているパターンもあるけど、今回のように自分でなおせることもあるんですね。
もしジョイコンに我が家と同じような症状が出た方は、一度分解して中を確認してみるのも手かも知れません。



ゲーム子育て
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
こそぶろ