カレンデュラ【ブロンズビューティー】枯れたと思ったら春に復活

ガーデニング
スポンサーリンク

カレンデュラ(キンセンカ)の人気品種に「ブロンズビューティー」があります。
私も秋口に園芸店でポット苗を見つけたので買ってみたので、どんな花だったか書いていきます。

カレンデュラ ブロンズビューティー

  • キク科
  • 開花 冬~春
  • 一年草(多年草?)

ブロンズビューティーはその名の通り銅色を帯びた花色が特徴的なカレンデュラです。

種の販売はほとんどなく、園芸店でポット苗が出回ります。

一年草として販売されていますが、夏越しが出来れば多年草としても育てられるようです。

成長記録

秋口に開花株を購入しました。
ポット苗で大体200円位だったかな? 少し疲れた感じの株でした。

カレンデュラは耐寒性が強いけど、さすがに霜がじかに当たる場所などは不安です。
なので軒下に地植えしてみます。
そしてすでにあった花が咲き終わると…種も出来ることなく枯れました!

え?冬の間咲いてくれるんじゃないの? 

と思っていたのでショックでしたね。
花色が好きだったし。種も取りたかったし。
温室育ちの苗っぽかったし、路地は寒すぎたのでしょうか?

しかし年が明けて春が近付いたら…カレンデュラの跡地に小さい葉っぱがありました。

ブロンズビューティーの小さい葉

地面近く部位が生きていたのか、はたまた地上部は枯れて根が冬越ししたのかはわかりません。
でも何とか生き残っていたようです!
ナイス!

5月のブロンズビューティー

5月にもなれば完全に復活して蕾もけてくれました。

カレンデュラって冬から春の開花ってよく言われるけど、我が家では春~秋の開花になります。
冬に咲かせるのって難しくない?
というか、冬に咲かせられた試しがありません。

花の様子

ブロンズビューティーはとにかく花が素敵です。

一般的なカレンデュラは鮮やかなオレンジや黄色ですよね。
元気いっぱいな花色が取り柄ですって感じ。
それはそれで綺麗なんですが、こう、ちょっと芸がない(笑)

そこでブロンズビューティーの出番ですよ。

ブロンズビューティーの花

ほら!すっごくいい色してませんか?
銅色を彷彿とさせるシックな大人の色です。
単調な色じゃなく、黄色とのグラデーションがバランスよくて素晴らしい。

ブロンズ色系品種の登場は、カレンデュラの可能性を大きく広げてくれたと思っています。

ブロンズビューティーの花の裏
ブロンズビューティーの開花

花の裏も素敵なんです♪
表の色より濃い色合いで、ストライプの筋が入っています。

花びらが斜め上に向かって咲いてくれるので、この裏側の模様と色合いがチラチラと見えてくれます。
それがまた味があってねぇ。
この花でブーケとか作ったとても綺麗だろうなって思います。 作らないけど。

花後には普通のカレンデュラと同じように、こんな種が出来ます。

カレンデュラの種

左部分に大きく膨らんでいるのが種です。
他の部分も種にはなるけど、大きく膨らんだものの方が良く育ちます。

いつも思うけど、この種ちょっと虫っぽいですよね。
気持ち悪いなと思います(笑)

次はこの種を蒔いてブロンズビューティーを増やしてみたいと思います。


まとめ

枯れたと思ったけど、春に復活してくれたブロンズビューティーでした。
この後は夏越しが待っています。
一説によると多年草として育てられるようなので、上手く夏を越させてみたいです。

宿根草 | こそぶろ (kosoburo.com)

山野草と宿根草をお探しならこちらがおすすめ!
豊富なラインナップで見ているだけで楽しいお店です。

宿根草と山野草 おぎはら植物園

ガーデニング宿根草
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
こそぶろ